義歯・入れ歯-赤羽駅徒歩6分、赤羽岩淵駅徒歩1分 駅近くの歯医者 田口歯科医院

ご予約、お問い合わせは「ホームページを見ました」とお伝えください

03-3902-0752

平日:9:00~13:00/15:00~19:00
土曜:9:00~13:00
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

03-3902-0752

平日:9:00~13:00/15:00~19:00
土曜:9:00~13:00  休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

義歯・入れ歯

入れ歯のお悩みは当院にご相談ください

「今使っている入れ歯が痛い」「口にフィットしていないので、食事の時に困る」
という「入れ歯」に関するお悩みでお困りの方はいらっしゃいませんか?

クリーニング

当院では入れ歯に関するお悩みをよく耳にします。ご利用の方でないと伝わりづらいお悩みに関しても多くのご要望をお伺いしております。


今、このサイトをご覧頂いている方も、下記のようなお悩みでつらい思いをされておりませんか。

  • 噛むときに痛みを感じる
  • よく噛めない
  • 利用時によく外れやすい

早めに入れ歯治療を行い、楽しく食事をされてください
現在のお口に合わない入れ歯を使用しているだけでストレスが溜まると思います。入れ歯を作成してから、歯の噛み合わせが変わったなどの状態により、お口周りにも変化が生じているかもしれません。

当院では現在利用している入れ歯(義歯)を「その方に合った入れ歯」に変更することで、まず食事をおいしく食べられること、それに伴い話がしやすくなること、さらには人前で笑えること、などの改善を行ってきました。

痛い入れ歯、口に合わない入れ歯を使い続けることはストレスが溜まります。衣食住に絡む、人が生きていくのに必要な要素であれば尚更のことだと思います。
日々の生活が充実感に溢れ、生き生きと過ごせるよう、その方にふさわしい入れ歯の作成を行います。

ブリッジやインプラントとの比較

ブリッジやインプラントと比較しても、入れ歯には優れている点が多くあります。

手術が要らない

インプラントを埋め込むような手術が必要ないので、ご年配の方、または手術が怖い方にご利用いただけます。

修理が可能
健康な歯を利用して作るブリッジでは、周りの歯に負担がかかるため、健康な歯にもダメージを与えてしまいます。それに比べ入れ歯は修理や取り換えが可能なため、お口の状態に合わせた形に変更することができます。変化しやすいお口周りの内容に応じた変更ができるのは強みです。

洗浄が可能
入れ歯は自分の好きなタイミングで外すことができ、そのタイミングで綺麗にすることができます。歯磨きが重要なように、入れ歯の洗浄も重要です。気になる時に外して綺麗にできるメリットがあります。

健康保険を利用した入れ歯も作成可能です

当院では保険で入れ歯を作成することも可能です。

初めて入れ歯を作成する場合は保険でお試しいただき、噛みごたえなどが気になるようでしたらワンランク上の、ソフトで吸着力に優れる入れ歯に変更する、といったことも可能です。

保険の入れ歯は治療費負担が軽くなるなどのメリットもあります。入れ歯の安定や噛み合わせの快適さなどに疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、噛み合わせを考慮し、食事がしやすい入れ歯になるようしっかりと製作いたしますので、まずはご相談ください。

もちろん、噛みごたえを重視し痛みにも配慮した、しっかりと噛めて食事ができる入れ歯をご要望でしたら、素材も厳選した形の入れ歯を製作することも可能です。保険の入れ歯とは異なるフィット感を存分に実感できる入れ歯をご要望の場合も遠慮なくご相談ください。

当院の入れ歯メニュー

当院では、保険が適用できる入れ歯だけでなく、自費でお作りする「バネが目立たない」バルプラストの入れ歯や、温かさを感じることのできる金属床入れ歯などををご用意しています。歯や顎の状態などお口の中を確認し、患者さんのご要望を可能な限り考慮して、その方に合う、しっかりと噛める入れ歯をご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。

保険を利用した入れ歯【保険義歯】

プラスチックやレジンといった素材(樹脂)でできた入れ歯です。保険を使うことができるので、費用を抑えることができます。部分入れ歯の場合は金属の留め具であるクラスプを他の健康な歯にかけて使用します。

初めて入れ歯を作成する方が入れ歯に慣れて頂く、といった際に利用しています。入れ歯を利用することで噛みごたえや装着感、また見た目などが気になってくると思いますので、そうなった場合はご希望に沿う入れ歯への変更を行います。保険でできた入れ歯は、強度を保つために入れ歯が厚くなるので、装着した際に違和感を感じる、また食事の際に味や温度がわからないといった違和感を感じることが多いです。部分入れ歯の場合は金属の留め具が、他の健康な歯にダメージを及ぼすこともあります。

土台が金属でできた入れ歯【金属床】

歯肉に触れる部分の床に、金属の素材を使用した入れ歯です。保険を使用したプラスチック入れ歯の場合、床の箇所は強度を高めるためどうしても厚くなってしまうのですが、耐久性に優れる金属を使用した場合、保険の入れ歯と比較して3分の1以下の薄さにすることができます。保険の入れ歯と比べると、上顎に舌の触れる箇所が減るので快適に使うことができます。

また金属を使用しているので熱伝導性に優れており、「熱い、冷たい」といった食べ物の温度をすぐ感じることができるのもメリットです。そのため、食事をおいしく召し上がることができるようにも感じます。

使用される金属はコバルト・クロムという強くて弾力に優れる合金や、軽くて金属アレルギーが少なく硬いチタンが使用されます。

金属ばね(金属の留め具)がなく、見た目もきれいな【ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)】

ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)は、金属ばね(金属の留め具)を使わない入れ歯です。金属が見えないため「入れ歯をしている」と気付かれにくい入れ歯になります。

弾力性や吸着力に富み、歯肉に近い色の無味無臭素材で作成され、金属アレルギーもない審美性、機能性溢れる違和感の少ない入れ歯です。

見た目が気になる方、また入れ歯の痛みが気になる方はこちらの入れ歯をご案内致します。