トップへ » 診療について » 顎関節症治療

顎関節症とは?

「大きく口を開けると音がなる」
「口を開きにくい、痛みがある」

といったことに心当たりがある方の場合、顎関節症の可能性があります。顎関節症には、さまざまな原因があり、一過性の症状ではないことが特徴です。

顎関節症とは

顎関節症は、幅広い年代にみられる病気ですが、10代半ばから増えはじめ、20代から30代がピークとなります。

また、女性に多く見られ、男性に比べて2倍〜3倍ほど、かかりやすいと言われている症状です。

このような症状の方はご相談ください

顎関節症このような症状があったら、顎関節症かもしれません。

●1.口が大きく開けられない
●2.口を開けたり閉じたりするとき、あごの付け根から音が鳴る
●3.あごが痛い
●4.噛み合わせに違和感がある
●5.口をスムーズに閉じることができない
●6.口をまっすぐ開けたり閉じたりできない

顎関節症の原因とは?
噛み合わせの悪いことが、顎関節症の主な原因です。もともと歯並びが悪かったり、歯やあごの動きに合わない詰め物やかぶせ物によって噛み合わせが悪くなることもあります。

噛み合わせの悪いままの状態でいますと、あごの骨や筋肉に負担がかかり、筋肉が疲弊することでさまざまな症状を引き起こしてしまうのです。

上記の一般的な症状の他にも、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が出ることもありますのでご注意ください。

【スプリント治療】当院の顎関節症の治療方法

矯正歯科の特徴一般的には、顎関節症の治療には、

●スプリントというマウスピースを入れる方法
●詰め物やかぶせ物を修正する方法
●歯並びを矯正する方法
●歯の噛み合わせを調整する方法

などがありますが、当院では「スプリント」というマウスピースを入れる方法を導入している。

夜間、口にスプリントを装着することにより、患者さんの骨格・筋肉バランスに合った理想的な噛み合わせを持った状態にすることができます。食いしばりにより、歯やあごへの負担を減らせることもメリットといえます。

スプリント治療のメリット

スプリントは、形状やサイズもさまざまで、患者さんの症状に合わせて製作するオーダーメードの治療器具になります。

スプリント治療のメリットとしましては、

●「食いしばりを防ぐ」
●「歯の負担を軽減する」
●「あごの負担が減る」

といったことがあげられ、実際に患者さんからも「朝起きたら、歯・アゴが軽くなった気がする」「肩こりがなくなってきた」「偏頭痛がなくなった」という声をいただいております。

また、男性も、女性も、多くの方が受けられている治療法で、あごへの負担が減ることで無駄な筋肉等が落ち、小顔になる効果も期待できます。

スプリントの費用
スプリント制作費5万円、調整費3,000円となります。その後、3ヶ月に1回チェックにご来院いただきます。

スプリント治療の流れ

治療●1.あごの状態や噛み合わせ・歯並びの状態をチェックさせていただきます。
次へ

●2.型取りをして、模型を作成いたします。
次へ

●3.フェイスボウにより、噛み合わせの位置を測定いたします
次へ

●4.フェイスボウの記録を基に、型取りした模型を咬合器(お口の状態が再現できる器械)にセットします。
次へ

●5.スプリント仮完成
仮の状態のスプリントがをお口の中に入れて調整をします。
次へ

●6.スプリントの完成
寝ている時間や、家にいらっしゃる時間を見つけて、長時間つけ続けていただくことでより高い効果が期待できます。完成後は2週間に一度、安定後は3か月に一度、調整にご来院ください。
次へ

●7.調整
3か月に一度、調整にご来院頂き、不具合がないかをチェックさせていただきます。

関連ページリンク

arrow歯医者を探している方へ
気軽に話したいお子さんをお連れ痛いのが苦手美しい口元になりたい
患者さんの声

arrow当院のご紹介
半個室の診療室。明るい院内お待たせしない徹底した衛生体制矯正歯科について

arrow診療について
虫歯治療歯周病治療小児歯科治療予防歯科・クリーニング
審美歯科・ホワイトニング矯正歯科治療マタニティー相談顎関節症治療
症例集料金表医療費控除

arrow院長紹介
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルなら

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

トップへ » 診療について » 顎関節症治療


PAGE TOP