トップへ » 診療について » 歯周病治療

【歯周病治療】早期発見・早期治療が大切です

歯周病治療

こんな症状はありませんか?
●歯肉のはれがある
●歯肉から出血がある
●歯がぐらつく

歯周病とは歯周病菌が増えることにより起こる病気
歯周病とは、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットにたまった食べカスなどを栄養として、歯周病菌が増えることにより起こる病気です。

歯周病菌が増えることで歯肉に炎症が起こり、そのまま放置してしまうと、歯の奥まで菌が広がって歯ぐきや骨が溶かされていき、歯を失ってしまうことにつながるのです。

初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がありません
気をつけていただきたいポイントが、初期段階の歯周病は、ほとんど自覚症状がないということです。「歯がグラグラする」、「歯ぐきから血が出る」というような自覚症状が出る頃には、かなり進行してしまっているケースも多いのでご注意ください。

歯周病治療では早期発見・早期治療が重要になりますので、定期的な検診をおすすめしております。

全身疾患にも影響を与える歯周病

歯周病歯周病は、多くの全身疾患にも影響を与えるといわれています。感染した歯周病菌が、口から血管に入ることで全身に広がっていき、糖尿病、心臓血管疾患、肺炎などの病気を悪化させるリスクが高まるのです。早産のリスクも高まりますので、妊娠されている方は特にお気をつけください。

【歯周病と関連のある全身疾患】
●糖尿病
●肥満
●脳卒中
●早産/低体重児出産
●誤嚥(ごえん)性肺炎

関連ページリンク

arrow歯医者を探している方へ
気軽に話したいお子さんをお連れ痛いのが苦手美しい口元になりたい
患者さんの声

arrow当院のご紹介
半個室の診療室。明るい院内お待たせしない徹底した衛生体制矯正歯科について

arrow診療について
虫歯治療歯周病治療小児歯科治療予防歯科・クリーニング
審美歯科・ホワイトニング矯正歯科治療マタニティー相談顎関節症治療
症例集料金表医療費控除

arrow院長紹介
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

子ども~ビジネスマン・主婦・お年寄りまで。お口のトラブルなら

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

トップへ » 診療について » 歯周病治療


PAGE TOP