トップへ » 診療について » 矯正歯科治療 » 小児からの矯正治療について

小児からの矯正治療について

小児からの矯正治療「乳歯の時は歯並びがよかったのに...」
「大人の歯が生えてきたら、前歯がガタガタしてきたような気がする」
「永久歯が生えかわったら、受け口になってきた」

お子さんの歯並びについて、お悩みになっていらっしゃいませんか?

小児矯正は、治療をはじめる時期、必要性の有無などの判断がとても重要です。お子さん一人一人、成長のペースが違いますので、年齢などで客観的に判断することはできません。

お子さんの歯並びが気になったら、まずはお気軽に無料矯正相談にお越しください。

子供の矯正では何をするの?
小児矯正の目的は、歯のガタガタやすきっ歯の改善とともに、これから生えてくる歯のためのスペースを可能な限り確保したり、前歯や奥歯を正しい位置関係にするとともに、上アゴ、下アゴの骨格的バランスを整え、正しいアゴの成長を促していくことにあります。

お子さんのアゴが小さく、歯がきれいに並ばずガタガタになってしまうリスクが予想される場合、アゴが大きく成長するような治療を行わせていただきます。

上アゴの成長が弱い受け口であれば、上アゴを骨ごと前方に牽引して下アゴとのバランスをとるような治療を行います。上アゴの成長が強い出っ歯の場合、奥歯から骨ごと後ろに移動させて前歯を引っ込める治療を行います。

このような骨格からの改善は、成長期の時期にしかできない治療になりますので、詳しくはご相談ください。

大人の歯に全部生え換わってから治療してはダメですか?
小児期に行う矯正治療(Ⅰ期治療)の利点は、本人の成長発育する力を利用できることにあります。

この時期であれば、将来、永久歯で正常な噛み合わせをつくるための土台となるアゴの成長を誘導させることができるのです。歯列育成矯正、予防矯正と言われるのはこのためです。

成長が終わってしまうと骨格からの改善は難しくなるため、抜歯をしての矯正、外科矯正の必要性も高くなります。

当院では精密検査の結果から、お子さんの歯並びの状態、成長のタイミングを見て、最も効果的な時期に治療をスタートさせていただきます。

お子さんの歯並びで何か気になることや不安がございましたら、まずは無料矯正相談にお越しください。


トップへ » 診療について » 矯正歯科治療 » 小児からの矯正治療について


PAGE TOP